忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[930] [931] [932] [933] [897] [898] [899] [900] [901] [902] [903]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


寒い…ちょっと前まで夏だと思っていたのに、
肌寒い日もちょくちょく出てきた。
このまま気温が下がり続けると、
2月頃には氷点下10度くらいになってしまうのだ。
東京凍結。

馬鹿話此処迄。

そんなわけで今日は、ウォルトンの映画音楽で燃えてみた。
CHANDOSから出ているマリナー&アカデミー室内管の録音で、
収録曲は以下の通り。

『スピットファイア』前奏曲とフーガ
『戦時のスケッチブック』
組曲『逃げちゃ嫌よ』
映画音楽『三人姉妹』
組曲『バトル・オブ・ブリテン』

中でも、『スピットファイア』は、戦時中のイギリスで書かれたものであり、
戦意高揚の意図もあったため、大変勇ましい音楽になっている。
といって、我々が聴いて、すぐに軍国主義に結びつくようなものではない。
あくまでも、ウォルトンらしいメロディアスなカッコよさに溢れていて、
且つ、エルガーの行進曲『威風堂々』にあるような厳しさがある。

逆に『三人姉妹』は、
メンデルスゾーンの無言歌集からの引用(op.19-1「甘い思い出」)なんかがあって、
勇ましくはないけれども、サロンミュージック的に聴ける。

どの曲も、親しみやすいのでウォルトン入門にも最適。
ちょっと、マイナーだけど…(笑)

 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.