忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ストラヴィンスキーのバレエ・カンタータ『結婚』はバーバリズムの作品。『結婚』なんてタイトルでありながら、結婚式で流しちゃったら雰囲気ぶち壊すこと請け合いの野蛮な音楽だ。乱れ飛ぶ不協和音、乱れまくるリズム…一生の思い出を思いっきり台無しにしてくれる(笑)。編成は、ピアノ×4、打楽器、ソプラノ、メゾ・ソプラノ、テノール、バス、合唱―珍奇な組み合わせである。ピアノは打楽器のついでで、鍵盤楽器というよりは打楽器的に使われる。器楽群が野蛮で刺激的なリズムを刻み、それに併せて声楽が絶叫を重ねていく。輸入盤しか持っていないので、何を歌っているかは知らない―知らなくてもいいような気もする(笑)。ロシアの婚礼風俗を扱った音楽というけど…こんななんかい!と突っ込みたくなる。まぁ、無茶苦茶に言ったけど、『春の祭典』が全然OKなゲンダイ音楽リスナーならば、とっっっっっっっっっっっても楽しめるハズ!激推!

自分が持っているのは、バーンスタインがイギリス・バッハ祝祭パーカッション・アンサンブルを振った一枚。ソリストは全然知らない人ばかり。と言うことは、この打楽器まがいのピアノを弾かせられているピアニストもそんな大物はいないだろうと、何となくCD眺めていて、びっくりさせられた。ピアノ1:マルタ・アルゲリッチ、ピアノ2:クリスチャン・ツィメルマン、ピアノ3:シプリアン・カツァリス…言わずと知れたスーパースター。クラヲタ的にはミラクルな揃い踏み。こんなところでピアノをブン殴ってる場合じゃなかろが…(笑)。1977年の録音だから、まだまだ売れていない頃…かもだけど。

…と言うわけで、ピアノ好きにも推奨(ウソ)。


noces.jpg






拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > 無題
たのむから題名・・・な?
seiji 2007/04/12(Thu)00:52:41 #EDIT
TITLE > 無題
ストラヴィンスキーに文句言えや。
schunsou 2007/04/12(Thu)18:11:34 #EDIT
TITLE > 無題
ををを…この曲、来たるLFJで初体験する予定でしたが、、予習していった方がいいでしょうか(笑)
sumito96 URL 2007/04/13(Fri)19:28:00 #EDIT
TITLE > 無題
おお!聴かれるのですか?
あまり聴けない曲なので、おいらも行こうかと思いましたが…何となくやめました(汗)。

予習はしていった方がいいですね~。と言うか、面白いから是非是非聴いてみて!sumito96さんなら音楽経験豊富だし、多分、いける口だと思います!!
schunsou 2007/04/14(Sat)00:01:41 #EDIT
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.