忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


端役で登場しているスターアーティスト・シリーズ…ってシリーズ化しちゃうのか?多分、今回でネタ切れの予感。そんなに知識は豊富ではない(汗)。

さて、今回は、合唱指揮の大家、ウィルコックスの振ったトーマス・タリスの教会音楽集。ケンブリッジのキングス・カレッジ合唱団の演奏で1965年にデッカ(オワリゾールかな?)に録音されたもの。清澄な響きの美しい音楽だ。で、ここでオルガンの演奏を務めているのがアンドリュー・デイヴィス。何となく、イギリスに大量にいそうな名前なので、同姓同名の他人かと疑いたくなってしまうけれども、多分、あのサー・アンドリュー。

と言うのも、アンドリュー・デイヴィスは、キングス・カレッジでオルガンを収め、1967年に卒業しているから、1965年には、ここで歌っている人たちのすぐ傍でオルガンを弾いていたのだ。なので間違いない。しかも、23歳でまだ指揮者への第1歩も踏み出していない学生だとすれば、これが彼のレコード・デビュー盤であることも推してはかれる。何気に記念碑的な1枚だ。と言うわけで、ヴォーン・ウィリアムズのタリス幻想曲に感動しちゃった人にオススメな1枚。


tallis.jpg






拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.