忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248] [247]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『のだめカンタービレ』で良いところ突いているな、と思ったのが、千秋真一の師匠シュトレーゼマン。変な人。そう、巨匠は変である―と言っては怒られるが、色んな逸話を聞いていると変な人は多い。特に、昔の人。今の人はそんな酷い話は聞かないけど、昔の人は面白かった酷かった。

と言うわけで、やっぱ、この人でしょ!オットー・クレンペラー。シュトレーゼマンなんてクレンペラーに比べればぬるすぎて、ちっとも面白くない。「現実は小説よりも奇なり」じゃないけど、クレンペラーは漫画以上に「奇」だった。人知を超えた。エピソードは、ウィキペディアに紹介丸投げ→
こちら。笑えないネタも多いけど、やっぱ、この人の人生はネタの宝庫。なぜ、出世できたのか―わからない。そして、音楽家と言うより、人間としてどうかと言う奴が、どうしてあんな素晴らしい音楽を演奏できたのか。神秘である。

特にどうかと思わされるエピソードが、これ↓

「アメリカ時代、ソプラノ歌手の自宅に無理矢理押し入ろうとして、もめごとになった。その後、友人たちの尽力でサナトリウムに入ることになったが、すぐさま逃走し、この一件は「ニューヨークタイムズ
」の一面記事となった(サブタイトルは「クレンペラー逃亡す!性犯罪に走る危険あり!」)。これら一連のスキャンダルにより、アメリカにおけるクレンペラーの評判は完全に失墜した。」(ウィキペディアより)

「クレンペラー逃亡す!性犯罪に走る危険あり!」って、どんだけの扱いだ?しかも、ニューヨークタイムズの一面。どうしようもない。

晩年、遅いテンポの中に、スケールの大きな演奏をしたことで、ほぼ神格化されたクレンペラーだが、それは、度重なる災難を乗り越えた結果、身体的に早い動きができなくなり、自然と音楽が遅くなっただけ、と言うみもふたもない説を聞いたことがある。

クレンペラー以外では、カラヤンのトイレに落書きしたハンス・クナッパーツブッシュや大量のポルノ写真を持っていて、空港で捕まったユージン・グーセンスなんかも、どうしようもない人たちである。もう、ホント、どれだけクラシック=高尚と言うイメージが間違っているか、判るような話。

反面、現在、そういうエピソードまみれの指揮者が少なくなったことも、また、寂しいことである。そういうのが許されない時代なんだろうなぁ~。指揮台指揮棒で叩いて、ウィーンの観客黙らせているジョージ・セルの無愛想な演奏会のDVDでも観て、昔を偲ぶことにしましょう。

klemperer.jpg






拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.