忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[406] [405] [404] [403] [402] [401] [400] [399] [398] [397] [396]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


オーケストラの自主製作盤、遂に、ウィーン・フィル登場。第1弾はハイドン。ウィーン・フィルとハイドンって相性良さそうなんだけど、そう言えば、ウィーン・フィルのハイドンってそれほど、印象にない。もちろん、CDはたくさん出ているんだけど、名盤、決定盤の類は全部ほかのオーケストラに持って行ってしまわれている感じ。強いて言えば、一部の団員がオーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団に参加して、全集を完成させた…ってくらい。

そこで期待されるのが、今回のCD。指揮者は、メータ、ヴェルザ=メスト、ブーレーズ、アーノンクール、ドホナーニのごっちゃ混ぜ。おいらはこういう企画の仕方は嫌いなんだけど、ここまで魅力的な人たちを揃えられたら、もう、買うしかない。特にブーレーズのハイドンなんて、どんな演奏になるのか、楽しみでしかたない。ヴェルザ=メストの振っている26番もいい曲なんだよねぇ。

まぁ、流石としか言いようのない陣容だなぁ。何となく、ハイドン・イヤーに出す予定だったのが、しくじってシューマン・イヤーに突入しちゃいました…って感じがするけど。今後も企画はあるらしいんで、特大の期待をしていいと思う。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > 無題
今後が愉しみなシリーズですね。
ちなみに、
「今後も企画はあるらしいんで」
とは、どこからの情報ですか?

F2 2010/01/25(Mon)12:05:15 #EDIT
TITLE > 無題
どこだっけなぁ~。
適当にうろついていて見つけた情報です。
とは言え、信頼できるところだった記憶。
schunsou 2010/01/26(Tue)00:05:06 #EDIT
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.