忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ちょっと前に買った→A.フィッシャー&ウィーン国立歌劇場の『売られた花嫁』。先月、待望の発売となったのだ。主なキャストは以下の通り。

マリー:ルチア・ポップ
ハンス:ジークフリート・イェルザレム
ケツァル:カール・リッダーブッシュ
ヴェンツェル:ハインツ・ツェドニク

凄い面子…つか、ポップ&イェルザレムで、『売られた花嫁』ってどんだけ贅沢よ?ポップは、年は隠せないものの、可愛いおばちゃんで、若い役をやってもなんだか許せてしまう。イェルザレムは、なかなかカッコイイ。声も力強いながら綺麗で、文句なしに素敵だ。自分の中ではワーグナー歌手のイメージが強いけど、そんだけの評価じゃもったいないな。ハンスの衣装は…なんか、西部劇っぽいwまぁ、いいか。

残念なのは、ドイツ語歌唱と言うこと。原語歌唱の方が、好き。細かいニュアンスとか、音楽のつくりは、原語を基にしてあるから。と言っても、一般的にはドイツ語歌唱が多い。おいらの持っているものでも、原語歌唱は、コシュラー盤だけ。あとはケンペ盤も、スウィトナー盤も、クロムホルク盤もドイツ語。まぁ、已む無し。

指揮のアダム・フィッシャーは、イヴァンの兄で、ハイドンの交響曲全集で有名な方。あまり濃厚な音楽作りはしない。さらっとした感じ。好き嫌いはあるだろうけど、名指揮者。でも、『売られた花嫁』を振っているのは、意外。

全般的に満足度は高いソフトだと思う。出来れば、日本語字幕つきで出ないだろか。

smetana.jpg









拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.