忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[103] [102] [502] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Sir Georg Solti/The Maestroって4枚組DVDがリリースされる。「ほぇぇ~…」と流してはいけない。この中にR.シュトラウスの『4つの最後の歌』が収められていて、ポップが歌っているのだ。これで今年に入って、5枚目のDVDリリース。もちろん、初出を含む。出た順に整理しておこう。

ベートーヴェン:歌劇『フィデリオ』(1968年)
モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』(1980年)
マーラー:『子供の魔法の角笛』(1984年)
スメタナ:歌劇『売られた花嫁』(1982年)
R.シュトラウス:『4つの最後の歌』(まだわかりません…)

凄い勢いだな…現役演奏家じゃあるまいし…と思うが、まぁ、嬉しい悲鳴だ。

さて…それとは別に、今日はヨッフム最後の来日公演のDVDを買ってみた。オーケストラは、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団。レーベルはAltus。ただし、“発行”はNHKサービス・センター。サービス・センターから発行されちゃうのねぇ~。音楽DVDとしては、何か違和感。ま、いっか、そんなことw

曲目は、モーツァルトの交響曲第33番とブルックナーの交響曲第7番。メインはブルックナーだけど、おいらが聴きたかったのはなんてったってモーツァルト。これは当たり。往年の力強さは無いにしても、しっかりとしたヨッフムらしいモーツァルト。躍動感と言うものはさほどに感じないが、がっちりと生命感が感じられる。充実の演奏だ。音色はさすがRCO、美しい。ヨッフムとRCOの付き合いも、この頃になると随分と長いから、信頼関係も充分なはず。現在主流になりつつある古楽器演奏とは違うが、文句を言うところはない演奏だろう。音質、画質共に文句なし。

それにしても、これだけの高齢にして、来日してくださったとは…ありがたき幸せ。もっとも、10歳にも満たないおいらは、当時興味があったとしても、行っていることはないだろうけど…(TдT)

jochum.jpg









拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.