忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ラトル&ベルリン・フィルのヴァルトビューネ1995、
アメリカン・ナイトのDVDを買って観た。
これ、アメリカン・ナイト…というよりは、ガーシュイン・ナイト。
お世辞程度にバーンスタインが入っているけど、
あとは全て、ガーシュインの音楽。
メインは、歌劇『ポーギーとベス』からの抜粋。

アメリカン・ナイトと言うなら、
コープランド、バーバー、W.シューマンは入れるべきだ!
と叫んでもしょうがないので、黙って鑑賞。

ガーシュインがメインのためか、
指揮者&オーケストラ以外の出演アーティストは、
全て黒人さんを起用しているのが、特徴的。
とは言え、全てクラシックの世界で活躍している人で、
クロスオーヴァーちっくにならないのがポイント。

演目は、
バーンスタイン:『キャンディード』序曲
ガーシュイン:ラプソディ・イン・ブルー
バーンスタイン:前奏曲、フーガとリフ
ガーシュイン:『ボーギーとベス』より抜粋
ガーシュイン:優しき伴侶に
ガーシュイン:アイ・ガット・リズム

ガーシュインとか、バーンスタインとか言うと、
ジャズやミュージカルの影響をもろに受けた軽妙なノリがウリ。
…のはずなんだけど、流石、天下のベルリン・フィル様、
パワフルに重厚にガーシュインを吹っ飛ばしてくれる。
特にラプソディ・イン・ブルー。
無敵のベルリン・フィル、アンサンブルが、
洒脱なガーシュインに本気で襲い掛かる様、大人気なし(笑)。
とは言え、ラトルの指揮は、さすがなもので、全く退屈させない。
ピアニストは、マーシャルと言う方で、
一見、黒人さんでジャズ・ピアニストっぽく見えるんだけど、
実は教会のオルガニストと言うバリバリのクラシック畑の人。

『ボーギーとベス』は有名な「何でもそうとは限らない」が印象的。
芝居掛かった歌いっぷりも見ものだけれども、
やはり、ノリのいい歌が、心を掴む。ちょっと踊りたくなっちゃう。

なお、ヴァルトビューネは、ベルリン郊外の野外劇場で、
約22,000人の観客を収容。ここでのコンサートは、
ベルリン・フィルの恒例行事で、○○ナイトのように、
テーマが設定されて、それに沿ったプログラムが演奏される。
野外劇場なので、観客は寝そべったり、歩いたり、
もう、自由奔放。日本のクラシック文化の発想では出来ない演奏会。

なお、野外コンサートだけれども、DVDの音質は良好。

bpowaldbuhne.jpg





拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > 無題
アメリカン・ナイトのDVDでしたか!ベルリンフィルの野外コンサート…観客の服装のラフさがいいですよね~

以前テレビでベルリンフィルの野外コンサートを見た時には上半身裸…まではいませんでしたが(笑)Tシャツにサンダルみたいな格好の人は結構いたような気がします。。
sumito96 URL 2007/02/13(Tue)22:30:43 #EDIT
TITLE > 無題
いいですよね!このラフさ!
変に堅苦しいイメージのあるクラシックと言うジャンルだけに、こういうコンサートは、実に良いと思うんです。噂によると、サッカーの重要な国際試合と重なったときには、ラジオ聴いている人がいたとか…指揮者が、観客に向かって、指でスコアを示したとか…日本では想像できない図ですね。

サンダル&Tシャツでサントリーホール行ってやる!
schunsou 2007/02/13(Tue)23:05:28 #EDIT
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.