忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昔よく聴いていたけど、今は全然聴いていないCDを聴くと、
そのときのことが思い出されて妙に懐かしい気持ちなる。
ビシュコフのフランク&ビゼーの交響曲を収めたCDも、
おいらにとっての、そんな懐かしいCDである。
初めて買ったフランクの交響曲であり、このCDから、
この曲が好きになったので、それなりの思い入れもある。

オーケストラは、パリ管弦楽団。
ビシュコフが1985年にムーティの代役として、
ベルリン・フィルで大成功を収めて以降、
欧州の楽壇に次々と客演し、一気にスターダムに駆け上がり…
そして、1989年、遂に手に入れた超ビック・ポストが、
パリ管弦楽団の主席指揮者の地位だった。

あの時の勢いはいま何処…パリ管の職も辞し、
メジャーレーベルからの新譜もしばらく聞かない。

この録音は、1990年に収録されたもの。
まだまだ勢いのあったころの演奏で、
パリ管から華やかで厚みのある響きを引き出して、
立派な演奏になっている。フランク、ビゼーともに秀演。

考えてみれば、ビシュコフは、ロシア人なんだけど、
活躍の場が妙に西側に傾いているのは、色々事情があるらしい。

franck.jpg






拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.