忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


抜き打ち也!こんなんあったんかい!
多分、凄く多くのルチア・ポップ・ファンがのけぞった新譜情報↓

ベートーヴェン:歌劇『フィデリオ』(全曲)
ルチア・ポップ、テオ・アダム、ハンス・ゾーティン、
ルートヴィヒ指揮ハンブルク国立歌劇場
1968年収録(DVDデス。音はモノラル、画はカラー)

当然、ポップは、マルツェリーナ。
『フィデリオ』は昨秋バーンスタイン盤の映像が出たばかりだけど、
今回のものは、その10年前の収録。
ポップの映像作品では、今、出ているものでは最古、最若。
他の歌手陣も、テオ・アダム、ハンス・ゾーティンと充実。
なお、ゾーティンは10年後のバーンスタイン盤でも共演している。
高いけど、買うしか。ルートヴィヒと言う指揮者は未知数だけど。

ちなみに、ハンブルク・フィルって、オペラやるときは、
ハンブルク国立歌劇場管弦楽団だったような記憶。
なんか色々事情があるんだろうけど、オーケストラの表記事情って複雑。

あと、これ(↓)も強めの新譜かと。

エルガー:管弦楽曲集
ショルティ、ボールト、ハンドリー、エルガー他指揮ロンドン・フィル

およそ、1980年代中頃までの音源が中心で、
中には、モノラル音源もある(自作自演とか…そりゃそうだ)。
これ、LPOの自主制作盤なんだけど、さすがに今年は、
エルガー生誕150年と言うことで、イギリスの楽団としては、
放っておく手はない…ってんで、このCDのリリースとなったんだろう。
5枚組で8,000円前後の価格設定は、ボックスものとしては若干強気。

注目はトルトゥリエ&ボールトのチェロ協奏曲かな?
ビックな組み合わせで、録音も1972年と、このコンビにしては新しい。
ステレオの可能性はそうとう高いので、音質もそこそこ期待できるハズ。

シベリウス・ボックスと共に今年の必需品也…
って買わないと思うけど(笑)。実は、エルガー・ボックスなら、
アンドリュー・デイヴィス&BBC響が無敵の安さであったリするのだ。
他にも、
バルビローリボールトの激安ボックスがあるんで、
案外より取り見取り。一つくらい買ってしまおう!
モーツァルト全集とはわけが違うんだから!

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > ボックスセット
おはようございます
そうですよー。
BBC交響楽団とサー・アンドルーの
エルガーボックスは、値段のわりに
最高ですよ~
買いました。シベリウスもですが
(タワーの方が安いですよ。シベリウス)
あ。でもフルプライスでも購入したのも
あるからいいですよね。
dokichi URL 2007/02/15(Thu)07:27:08 #EDIT
TITLE > 無題
書き込みありがとうございます。
野暮用で高知に行っていて、
返信遅れました。申し訳ないです!

エルガー・ボックス、一つ買ってもいいかなぁ、と思っていたところです。自分も買うなら、A.デイヴィスかな、と思っていたところ、推薦いただき、大変助かりますです。シベリウスも興味津々なんです!BISなら外れはなさそうですよね!
schunsou 2007/02/17(Sat)00:46:12 #EDIT
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.