忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1149] [1148] [1147] [1146] [1145] [1144] [1143] [1142] [1141] [1140] [1139]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


東京ってたくさん外国のオーケストラがやってくる。単に、一流のオーケストラを聴きたいと言うなら下手にヨーロッパに出かけていくよりも、東京にいた方が色々なオーケストラを聴くことができる。指揮者と会場の選択肢はあまりないが(ベルリン・フィルならほぼラトルで、ホールはほぼサントリーホール)、これほど恵まれた都市は珍しい。

で、それはなんでか?需要があるから・・・なんだろな。あと、どかっと構えたオーケストラがいないっていうのもいいのかなぁ。例えば、アムステルダムにはコンセルトヘボウがあるんだけど、そこのオーケストラが絶対的な力を誇っている。それはウィーンでもライプツィヒでも同じ。地元贔屓みたいのもあるんじゃないかな。かと思えば、ベルリンやロンドンは一流のオーケストラが飽和状態で入っていく隙がない。在京オーケストラの数は多いんだが、強烈なインパクトがない。なんて言うのかなぁ~、在京のオーケストラの演奏はたまに行くんだけど、「おらが街のオーケストラ!」と言うほど身近でもないし、誇りでもない。少なくても、おいらはそうなんであって、外来のオーケストラに浮気しまくる。CDで聴ける分だけ、外国のオーケストラって在京のオーケストラより身近な部分はある。これは「家でも音楽を聴きたい!」と思っている愛好家により強い傾向だと思う。「たまにクラシックでも…」と演奏会に足を運んでくれるソフトな愛好家の方が、在京オーケストラに親しみがあるかもしれない。

それでも、最近は都響やN響の録音はだいぶ増えてきた。そう言うCDを聴いて、良いと思えば、自然と演奏会に足が向くし、誇らしくも感じる。最近ではインバル&都響のEXTON録音がそう。マーラーの交響曲を中心に素晴しい録音が次々とリリースされた。EXTON=オクタヴィアは日本のレーベルだし、指揮者以外は、国産でこれだけのものができるのかと、ずいぶん、嬉しく思った。だけど、なんでか、マーラーの交響曲はいつの間にか、チェコ・フィルと録音するようになってしまった。何があったんだろう。

じゃぁ!と最近、ヨーロッパのオーケストラで流行っている自主製作盤をリリースしたらどうなのか。これは難しい。ロンドン響、ロンドン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ…その歴史とブランド力は圧倒的だ。蓄積されたライヴ音源だって、凄い。日本のオーケストラの及ぶところではない(N響が頑張っているけど)。ベルリン・フィルのデジタル・コンサート・ホールも同じこと。オーケストラのブランド力ってそんな簡単に付くもんじゃないし、たぶん、これらのオーケストラと同じことをやっても、成功はしない。そして、そのブランド力を付けるために、公的な資金がどれほど投入されたことか。もはや国策と言っていいレベルのものもある。その上で、今がある。

さて、歴史の浅い日本のオーケストラが、ビジネス的に成功するのはどうしたらいいのか。たぶん、それは至難の業。そもそも、ロマン派以前の音楽と言うのは、利益が出るように出来上がっていないしねぇ。

…とか、素人考えをダラダラと述べてみた…。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
LP盤 | HOME |  成田
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.