忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


謹賀新年。ことしもどうぞよろしくお願いいたします。

って、もう6日だぁ~。正月はあっという間。今年のニューイヤー・コンサートは、プレートルと言うことで大変楽しみにしていたのだけれども、見事に忘却の彼方にスルー。

んで、のだめは留学編以降5時間きっちりみた。クラヲタ的に言わせて貰えば…

をおぉぉぉぉぉぉぉ!スメタナ・ホールじゃんか!!

使用料金は知らないけど、また随分と凄いホールを選んだものだと。チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地であり、クーベリックが、『わが祖国』で母国にカムバックを果たした場所。プラハの春事件直前には、アンチェルもここで、『わが祖国』の名演を披露し、ライヴ録音も残っている。チェコ音楽好きには、馴染みの深いホールであり、歴史気的な意味合いも込めて世界的な名ホールと言って過言ではない。前回のサントリー・ホール以上のびっくりだった。ちなみに、プラハには、スメタナ・ホールのほかに、ドヴォルザーク・ホール(芸術家の家(ルドルフィヌム))と言うのがあって、チェコ・フィルの録音などはこちらのほうが多いようだ。

さて、こんな場所で指揮をしてしまった千秋…うん。俳優さんは素人だから…と考えれば、エア・コンダクターたちの羨望を一身に集めたに違いない。しかも、ミューザ川崎でも、やってくれた。

オーケストラは、プラハ放送交響楽団が協力。一時期、アンチェルもいたオーケストラだ。今はヴァーレクなのかな?ポップの『ボヘミアのクリスマス』と言うCDでバックを担当しているのが、ヴァーレク指揮のプラハ放送響だった。マッケラスの指揮でマルティヌーを好演しているCDも持っている。あとは記憶がない。またのだめのCDが出るみたいだけど、たぶん、そのCDがプラハ放送響録音史上最高の売り上げ枚数となるんじゃなかろか。過去のやつにも出ているのかな?そうなら、違うかもだけど。何れにせよ、チェコ・フィルとプラハ交響楽団の陰に隠れて、目立たないオーケストラである。今年来日するらしいので、楽団員さんがホントにドラマに出ていたか、チェックするのが吉。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

スメタナホール、良かったです。ウチにも確かクーベリックが振った「わが祖国」が・・・ビデオで残してあった記憶が蘇りました。
しかし・・・前半を観て、後半を録画してまだ観ていません~。

今度の土日にでも観ます。これだけテレビ番組でワクワクすることはなかなかないです。
ピースうさぎ URL 2008/01/08(Tue)22:26:37 #EDIT
TITLE > 無題
書き込みありがとうございます!
返信送れて申し訳ありません。

こちらこそよろしくです。

スメタナ・ホールびっくりでしたね。マーツァルが出ているだけでしたら、演奏会の録画かと思ったのですが、まさか千秋が振ってしまうとは…凄いです。あのクーベリックと同じ舞台ですからね~。

今回も良いドラマでした!土日ごゆっくりお楽しみください~!
schunsou 2008/01/10(Thu)19:53:26 #EDIT
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.