忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1281] [1280] [1279] [1278] [1277] [1276] [1275] [1274] [1273] [1272] [1271]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日はのんびり朝ごはんを食べて、10時過ぎにスコットランド国立博物館へ。自然科学から歴史、産業、スポーツ、芸術まで多岐にわたるジャンルの展示が魅力的。音楽好きには、入ってすぐのところにあるアイリッシュ・ハープが見もの。他では、初のクローン羊ドリーの剥製がメジャーな展示物かな?

午後からグラスゴーに移動。エジンバラから電車で1時間弱。産業革命発祥の地として知られるスコットランド最大の都市だ。ただ、近代的な建物も多く、エジンバラのような古都とは少し雰囲気が異なる。

さて、今日はここで、コンサート。ジョルディ・サヴァールとアンドリュー・ローレンス=キングたちによるケルトのヴィオール音楽。少し前にリリースされて評判になったあのCDのコンサートである。会場は、グラスゴー大学の教会。20世紀初頭に建てられたものらしいが、なかなか趣がある。

演目は、オ・キャロランやプレイフォード、それにスコットランドやアイルランドのトラディッショナル音楽が並ぶ。この場所で、この教会で聴く、サヴァールのケルト音楽。極上。高い天井に響き渡る、サヴァールの滋味溢れる音楽。何とも素晴らしい音楽体験が出来た。

帰りは地下鉄。ロンドン以上に狭い車内にびっくり。ホームも狭い&短い。ところ変われば、こんなこともあるのか。

e278d099.jpeg















 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.