忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1495] [1494] [1493] [1491] [1490] [1489] [1488] [1487] [1486] [1485] [1484]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


年末年始、伊豆沼に大晦日の落雁と初日の出の飛び立ちを見に行ってきた。

宮城県北部にあるこの沼は、日本屈指の雁、白鳥の越冬地として知られており、晩秋から冬にかけて数万派が飛来する。10キロほど離れた蕪栗沼と併せるとゆうに10万羽を超える。ラムサール条約の指定も受けており、野鳥愛好家の聖地的な場所でもある。

さて、この伊豆沼の風物詩と言えば、塒入りを意味する落雁と日の出とともに一斉に飛び立つ朝の風景が有名だ。気温や微妙なタイミングもあるらしいのだけれども、うまくいくととても壮大な光景になる。

個人的には本州の平地で見た光景としては、トップクラスの景色だと思う。遠く朝日、夕陽に映し出される無数のシルエットも美しいし、それが頭上を越えていくときの浮世離れした壮大な空間は、日本の原風景のようでもあり、別世界のようでもある。

面白いのは、初日の出だと言うのに、歓声よりもシャッター音の連射が響き渡るのが、伊豆沼らしいといえばらしい。ずらりと並んだ超望遠レンズ&三脚、標準的なズームレンズの一眼レフが小さく見えてしまうマニアックな世界。

あー、踏み入っちゃいけないなぁ…と思いつつ、年末に入手したカメラと超望遠レンズをそっと三脚の上に乗せる。いやぁ、楽しい…。





拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
D500発表 | HOME |  お正月
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.