忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1489] [1488] [1487] [1486] [1485] [1484] [1483] [1482] [1481] [1480] [1479]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


先日購入した望遠レンズを担いで大井競馬場に行ってきた。

この春に発売されたSigmaの150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryと言うレンズで、APS-Cでは、約900mmにもなる超望遠レンズ。バズーカとか、長玉とか言われる大型レンズだけれども、2kgを切る軽量型モデルである。

価格は10万円前後とこの類では格安と言えるもの。ただし、テレ側の絞りがF6.3となっており、明るさに難点がある。超望遠入門には手頃なレンズである。

と言うわけで、このレンズに慣れるために、選んだ被写体が競馬。なかなか良い練習になる被写体で、多くの写真愛好家が競馬場にはいる。

大井競馬場は、地方競馬で馬場はダート。芝の上を走る爽やかなJRAとは違い、飛び散る土埃が迫力を増す。撮影ポイントは、第4コーナー近く。迫り来る馬群を正面から撮る。三脚は禁止なので、手持ちでバズーカを振り回すことになる。

腕がしんどい。が、色々難点はあるけれども、はじめてにしては、そこそこの写真が撮れたような気がする。





拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.