忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1482] [1481] [1480] [1479] [1478] [1477] [1476] [1475] [1474] [1473] [1472]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Adobe Photoshop Lightroomを入手した。

フォトレタッチソフトである、と言えばいいのだろうか。RAWデータ(未現像データ、生データ)の現像ができる。多少の撮影失敗もこれさえあれば、修正が可能だ。

たとえば、被写体が暗くISO感度を上げすぎてしまった場合。当然ノイズが出るのだけれども、これを軽減することができる。逆光で暗くなってしまった場合も修正が可能だ。手振れ、ピンボケも多少ならば何とかなる。

とても便利だ。

いや、しかし、である。それでいいのか。古い写真家ならばそう思うはずだ。写真は芸術だと思うのならば、なにやらズルをしているような気分がしてくる。「それ、写真の技術じゃなくて、写真編集の技術だろ?」と突っ込まれるとなんと言い返していいかわからない。

もちろん、写真撮影の基本的な知識がなければ、上手く編集もできないかもしれない。そうは言っても、なんだか邪道な気がしてしまう。

写真コンテストの提出条件を見ると最近では多少のレタッチはOKになっているようなので、たかが素人の写真撮影にそこまで厳しいルールを決めることもないのだけれども。綺麗な作品になればいいということで。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.