忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


憂い日曜の夜にピッタリなのが、ラヴェルのピアノ協奏曲。第2楽章の切々と歌われる沈んだメロディが心の隙間に沁みこんでくる。うう…美しすぎるのだぁ…。冬の澄み切った夜に涙一筋―ポロリ(注:おいらの泣いているところを想像しないでください)。

よく聴くのはセルメ、クリヴィヌ&リヨン国立管。チームnaiveのAUVIDIS VALOISが出している1枚。naiveだから、もちろんジャケットはオシャレ。実は、ジャケットに惹かれて、在庫処分で買ったCD。クリヴィヌはビックネームだけど、セルメと言うピアニストは知らなかった。で、これが結構、好みの演奏だった。セルメの演奏は清々しくって癖がない。第2楽章も透明感があって、情に溺れすぎない。結構、情に溺れちゃっている演奏は好きなほうだけど、この曲は、情に溺れない方が美しさが際立つようだ。ゴジラのテーマをジャズっぽくしたような第3楽章もすっきりとしていて良い。バックもがなり立てずに綺麗にサポートしている。粋。ジャケット通り、オシャレな逸品。ちょっと憧れるフランスのエスプリ。カップリングの左手のためのピアノ協奏曲も秀演。

思えば、ピアノ協奏曲は、ラヴェルがガーシュウインに師事したことの最大の成果として知られているんだけど、ラヴェル色ががっちり出ていて、全然、アメリカっぽいところはない。思いっきりフランス系。

ravel.jpg






拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > 無題
ラヴェルのピアノ協奏曲…第2楽章は本当に美しいですね♪ラヴェルはどんな情景を思い浮かべながら、この楽章を作ったのでしょうか。。

今回紹介されている風車(?)のジャケットのナイーヴCD、私も手に取ったことがあります。確かその時も在庫整理のセールだったような…
sumito96 URL 2007/03/11(Sun)23:37:04 #EDIT
TITLE > 無題
いいですよねぇ…この曲。
ラヴェルの曲の中で一番好きです。
2楽章気持ちが静まりますね…。

在庫処分…売れないんでしょうか?
自分はISHIMARUで買いました。
若しかして…同じCDかもですね。
schunsou 2007/03/12(Mon)00:17:08 #EDIT
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.