忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[616] [617] [618] [619] [620] [621] [622] [623] [624] [625] [626]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨日がクリスマスイヴで、今日がクリスマス。
お祭りは2日間。そして、年末のてんやわんやへ。

クリスマス…ってのは、自分にとって音楽を聴く、
ちょっとしたネタになる。何つっても、西洋音楽好きなので。
今日も、ぐるりとCD棚一眺め。
むむ…忘れてた→フィンジの『生誕の日(クリスマス)』。
イギリス音楽好きなのにこれを忘れてしまうとは…迂闊。

イギリスの田舎のクリスマスを思わせる素朴で美しい曲。
荘厳さとか神々しさはないけれども、朴訥とした温かみがある。
爛熟した現代文化におけるクリスマスとは対極にあるセンス。
東京では体験できないシュロプッシャーのクリスマス。
情緒溢れるボストリッジの歌とマリナーの演奏で。

ちなみに、このCD、『新年の音楽』もカップリングされているので、
年末年始はこれ一枚で事足りる(笑)。
塵芥の都会に疲れ切った年はこれ。

他に、クラリネット協奏曲、弦楽のためのロマンスがカップリングされている。後者については、以前
「小さな名曲」で紹介しているので、よろしければどうぞ。

お薦め度:★★★★☆


finzi.jpg












拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
いなほ。 | HOME |  くりすます。
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.