忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[865] [866] [867] [868] [869] [870] [871] [872] [873] [874] [875]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


マイケル・ナイマンの新譜が出ると言う記事をみて、
ふと、この人の歌劇『ゴヤを見つめて』が聴きたくなった。

単調なメロディの繰り返しや、淡々としたリズム感は、
ミニマルらしいところ。「心地好い退屈感」が全編を覆う。
ただ、ナイマンの場合は、ミニマルらしいといっても、
スティーヴ・ライヒやフィリップ・グラスの音楽よりも、
ノリが良いと言うか、活気が音楽にある。
そして、メロディアスなので、極めて万人向けな音楽だ。
バリバリの現代音楽とはいっても、ちっとも難解ではない。

ただ、退屈と言えば退屈なので、
何かをしながら聴くことが多い。
構えて聴く音楽ではないと思う。
 


拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.