忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[868] [869] [870] [871] [872] [873] [874] [875] [876] [877] [878]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 
 「モオツァルトのかなしさは疾走する。
涙は追いつけない。涙の裡に玩弄するには美しすぎる。
空の青さや海の匂いの様に、万葉の歌人が、
その使用法をよく知っていた「かなし」という言葉の様にかなしい。」
(小林秀雄著『モォツァルト』より)


うう…名文である。
これほど上手く端的にモーツァルトを評した文章はなかなかないと思う。
…ってことは、今年のモーツァルトの誕生日に、このブログでも書いた→
こちら

そう、そろそろ忘れかかっている人もいるかもしれないので、
改めて…今年は、モーツァルト生誕250年!とPRしてみる。
…と言っても、誕生日は1月に終わってしまったので、
なんだか盛り上がらないのだ。

そんな折、
こんな記事を見かけた。
クラシック愛好家は、若者の中では、超少数派、特別天然記念物モノだけれども、
案外、こういうところにいたりするんだなぁ…と、安易に親近感を覚えたりする。
ただし、自分の場合は、モーツァルトを聴くと癒されることよりは、
燃えることのほうが多かったりする…変な演奏を聴いているんだろか?
そうでもないと思うんだけれど。

ちなみに、記事文中にある
「今年で生誕250周年を迎えたモーツァルトらの楽曲を集めた大量のCD」
と言うのは、
これだろか?100シリーズではないよな…。

…と、モーツァルトの話に終始したけれども、
今日は何となくサン=サーンスの『オルガン』日和な自分。
ミュンシュ&ボストン響…豪放磊落。憂鬱な気分を吹っ飛ばす!
 

 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.