忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[946] [947] [948] [949] [950] [951] [952] [953] [914] [915] [916]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ヴィヴァルディの『四季』…
中学校の教科書にも出てくる名曲中の名曲である。
録音の数も半端じゃない。もういいよ…ってくらい。
あまり持っていないけど、今更、CD買う気もしない。

…が、買ってしまったのである。しかも、DVDで。
なぜか?安かったからだ!(←全然理由になってないぞ)
演奏はナイジェル・ケネディ&イギリス室内管―
めちゃくちゃエキサイティングで、ノリのいい演奏。
のって来ると足でドンドンと床を踏み鳴らして、盛り上げる。
この曲、古楽演奏が王道になってしまった今日においては、
異色と言える演奏なんだろうな。

演奏会場はライヴハウスみたいなところで、
最前列の子供は舞台に身を乗り出しちゃったりしている。
ポップスの演奏会場みたいで、クラシックアレルギーの人でも、
違和感なく鑑賞できるDVDかもしれない。
何となくクロスオーバーっぽい感じがするけれども、
そこはケネディ。クラシックで真っ向勝負できませんから、
クロスオーバーに逃げましたっていう代物ではない。
現に『四季』で勝負しかけてきているんだし。
しかも、クロスオーバーっぽいけど、
会場の雰囲気以外は100%クラシックの演奏会である。
のだめでクラシックに興味を持ちました…って言う人にもオススメ。
つか、せっかく教科書に乗っている曲なので、授業にも使って欲しい。

 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.