忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[830] [831] [832] [833] [834] [835] [784] [785] [786] [787] [788]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


あ、もう5月だ…。
気付いたら、metamorphosen、4月は更新1回…汗。
5月は頑張りたい。

話題転換、
「ファヴェオ」 と言うDVDのレーベルがあるらしい。
オーストリアの舞台を収録したものを取り扱っているらしいが、
そのラインナップの中にサリヴァンの作品が3つも含まれている。
もちろん、代表作(?)『ミカド』もある!
オーストリアで人気あるのかな?

日本じゃ人気ないよね…サリヴァン。
いかにせん、我が国にとって『ミカド』は国辱オペラだから!(笑)
まともに怒る気もしないけれども、戦中は日本では本気で上演禁止だったらしい。
このオペラについては以前、metamorphosenで書いているので、
よろしかったらご覧になってくださいませ(宣伝→記事は
こちら)。
この記事では書かなかったんだけど、秩父の町って、
飯能のことだろうね、きっと。
どこで知ったんだろ?そんな地名…。

このオペラ、自分は一度も映像で見たこと無いのでDVDで見てみたい…
とは思っているんだけど、買う気までは起きないんだよね。
『ミカド』に数千円…有り得ん。TSUTAYAで借りられないかな?(笑)
「なに言ってんだよ、買う価値あるよ!」
と強く押してくれる人がいれば、買うか…。そうかもしれないし。

ヴォーン・ウィリアムズとか、ディーリアスとか、聴いている身としては、
サリヴァンはイギリス音楽の中では浮いた存在に思えてしまう。
まぁ、時代は違うんだけど…。それにしても…異次元。

mikado.jpg









拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.