忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[914] [915] [916] [917] [918] [919] [920] [921] [922] [923] [924]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ビエロフラーヴェク、BBC交響楽団主席指揮者就任―
プラハ・フィルとの仕事もあるんだし、大丈夫かなぁ?
…と、余計な心配をしていたところに、BBC響とのコンビで新譜。
ドヴォルザークの交響曲第5番、同第6番、
それにスケルツォ・カプリチオーソ、
英雄の歌をカップリングした2枚組のお買い得盤。

2曲の交響曲はチェコ・フィルとも録音している(CHANDOS)。
この両曲2度目…って…全集も残していないのに。
7番以降だって1回しか録音していないのに!
しかも、5番はスタジオ録音。わざわざ…だ。
商売する気あるのか…あ、余計な心配か。
出たら速攻、買う自分みたいな人もいるのだ。

それはさておき、演奏はどちらも素晴らしい。
イギリスの楽団と言うことで、響きはややデッド。
前盤で振ったチェコ・フィルとは好対照だ。
どちらの曲も手堅いが全く退屈はさせない。
弦を綺麗にしっかり鳴らし、音楽を実に心地好く歌わす。
奇を衒わないので、強烈な印象もないが飽きも来ない。
心の中にじわぁと染み込んでくる音楽…何度も何度も聴いてしまう。
ビエロフラーヴェクらしい演奏である。
なお、6番はライヴ録音。チェコ・フィル盤以上にのっていて、熱い。

それにしても、ビエロフラーヴェク新譜多いな…。
国内盤では、再発売以外出ていないみたいだけど。
今後、どんな録音が出てくるか大変楽しみ。

気になるのはレーベル。
HMFから出てきたり、SUPRAPHONから出てきたり…
今度のドヴォルザークはWARNER。
どういう契約になっているんだろう?

 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.