忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[852] [853] [854] [855] [856] [857] [810] [811] [812] [813] [814]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


何気に大注目盤→サロネンの『春の祭典』

前回録音のフィルハーモニア管(1989年、SC)盤は、結構有名盤…じゃないんだろか?
このゴチャゴチャ音楽をサラリサラリと流してしまった奇盤…いや、革命的名盤として。
ギトギト、グッチャグチャの燃えまくる演奏も面白いんだけれども、こういうのも面白い。
もう、『春の祭典』はゲンダイ音楽じゃない。汗流してスリリングな音出す時代じゃないよ…
って言っているみたいで。

まぁ、モーツァルトも当時は斬新なゲンダイ音楽だったわけだし、
そろそろこの曲もゲンダイ音楽からは脱却する頃なのかも。
それでも、このジャンルの音楽を聴かない人に聴かせたら、
やっぱり目を白黒させて「ただの雑音でしょ?」って言われそう…(笑)。

さて、新譜でもう一つ面白そうなものがあった→
テンシュテットの『革命』
初出音源だけれども、何とスタジオ録音。何でお蔵入りした?って代物だ。
しかも、オーケストラはミュンヘン・フィル。
ミュンヘン・フィルってなかなか味わい深いオーケストラだけれども、
ドイツの超一流楽団の中では断然録音が少ない(と思う)。
そのオーケストラとテンシュテットとはなかなか…。

そして、収録曲なんだけれども、実は『革命』よりも、
自分の場合、ヤナーチェクのラシュスコ舞曲に興味津々。
多分、珍曲の部類に入るんだろうなぁ…。

 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.