忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[854] [855] [856] [857] [810] [811] [812] [813] [814] [815] [816]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


先日、ウィーン国立歌劇場のショップから取り寄せた本、
“Lucia―Erinnerungen an Lucia Popp”(ルチア・ポップの思い出)の付録CDに、
様々な歌のほか、インタビューが収録されていた。
なるほど…ポップだ、と思わせる話口調。
歌声と容姿が一致していた稀有の存在と言われるポップだが、
それに、話方まで容姿に一致していたわけか。

あ、そう言えば、来年のLFJは国民楽派だったなぁ。
という訳で…いや、こじつけで『利口な女狐の物語』でも聴いておこう。
ルチア・ポップが唯一、タイトルロールを歌っているチェコ・オペラの録音が、この曲。
バックはマッケラス&ウィーン・フィル。文句なしの名唱。悶絶もの。
ウィーン・フィルの響きが、ポップの歌声によく合うのだ。
1980年代に入ってからはウィーン国立歌劇場よりも、
ミュンヘン国立歌劇場への出演が多いような印象があるけれども、
やっぱり、ポップはウィーンが良いな、と偉そうなことを言ってみる。
実際はどうなんだろう?やはり、1980年代はミュンヘンの方が出演は多かったのだろうか?

ところで、『利口な女狐の物語』、物語が物語だけに観たいとは思わないぞ…
あ、いや、観れるなら何でも観たい。


lucia.jpg










拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.