忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[954] [955] [956] [957] [958] [959] [960] [961] [962] [963] [964]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


う…気付けば、今年はコンサートゼロ。
あ、いや、アマオケ1回行ったかな?
あれは今年だったか去年だったか…。
とにかく、コンサートに行かない年だった。
猛烈に反省しなくてはならない。

と、ここまで書いて思い出した。熱狂の日。
人生初の生宗教曲体験ではないか。忘れてはいかん、いかん。
何となく、普段のコンサートと印象が違うので忘れてしまうのだ。
来年も行くかなぁ~。
でも、普段の演奏会も行きたいなぁ…ってんで、
コンサート情報誌「ぶらあぼ」(フリーペーパ)をパラパラ…。

まだ来年来日する演奏家の全容は把握していないが、
今のところ、一番行ってみたいのは、チューリッヒ歌劇場の『ばらの騎士』。
8月の『音楽の友』誌で、
「来るんじゃないか?」みたいなことが書かれていたけれども、
確定の情報を得て興味津々。世界的オペラ・ハウスで、
未来日のところってここくらいなものじゃなかったか?わかんないけど。
指揮はウェルザ=メスト。アーノンクールと関係が深いことから、
彼が来るのかとも思ったけれども、さすがに2年連続の来日はない。
『ばらの騎士』以外の演目は、『椿姫』。
まぁ、このオペラ・ハウスならば『ばらの騎士』が順当でしょう。

あと、ベルリン国立歌劇場も面白そう。
演目は『ドン・ジョヴァンニ』、『モーゼとアロン』、『トリスタンとイゾルデ』。
自分は『ドン・ジョヴァンニ』に興味ありだけど、世間の目は、
シェーンベルクの大作『モーゼとアロン』に向いているようだ。
バレンボイムならワーグナーも悪くないだろう。
日本ではバレンボイムの評判は芳しくないが(個人的にはまぁまぁ支持してるけど)、
バレンボイム&ベルリン国立歌劇場のコンビは大変評判が良いので期待できそう。

オーケストラではロシア・ナショナル管弦楽団とか…。
内部のゴチャゴチャがあったみたいだけど、どうなんだろ?

ちなみに、上記オペラ2公演で、10万近く吹っ飛ぶ。
現実的には、片方いければいいほうだろうなぁ。
RNOまでは余力が…。
で、あれば、初来日のチューリッヒ歌劇場だけにするか。
ベルリン国立歌劇場の54,000円と較べると39,000円はだいぶ割安。
日本での知名度は低いんだろか?CD&DVDは結構出ていると思うんだけど。

どうするか?
チケット発売は来年の2月なのでタップリ考えよう。
それにしても、こんだけの金額をとっても、スポンサーなしではやっていけない、
オペラと言う興行ってなんなのだろうか?
あ…ベルリン国立歌劇場はキャノン70周年記念だって。
キャノンってそんな古い会社だったんだ…スゴイ。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.