忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1389] [1388] [1387] [1386] [1385] [1384] [1383] [1382] [1381] [1380] [1379]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


日曜日の午後便で宮古島から帰ってきた。直後に台風がやってきたのだけれども、どうだったんだろうか。無事を祈るばかりである。

さて、滞在中何をやっていたか。まず、八重干瀬と言う大規模なサンゴ礁でシュノーケリングをやってみた。山屋(と言うほど熱心に山に登っているわけではないけれども(汗))、海に潜る…綺麗だ。だけど、1回でいいな。また海に潜ってみたいとは思わない。日本アルプスには何度も足を運びたいけれども、シュノーケリングはもういい。ツアーに乗ったので、これで1日が暮れてしまう。

良かったのは最終日に行った東平安名崎。コバルトブルーの海に突き出した細長い岬だ。西側にはサンゴ礁も広がる。海に点在する岩にはエリグロアジサシのコロニーになっているようで、いく羽ものエリグロアジサシが、透明感のある海の上をひらりひらりと舞っている。遠目に見ると真っ白な鳥だが、よく見るとその名の通り襟元にかけて黒い筋が入っている。このワンポイントが、とてもこの鳥の外見を爽やかなものにしている。エリグロアジサシの容姿は何とも南のきれいな海に似合うのである。それはまるで一幅の絵のようでもある。

岬の先端には灯台もあって、ここからの眺めも良い。宮古島に行ったら外せないスポットじゃなかろうか。

何だろうなぁ、やっぱ、海って潜るものじゃなくて、眺めるものなのかなぁ。少なくても自分は、そういう感性だと認識。つか、鳥好きなんだよね、基本。詳しくないけど。潜ったら鳥見られないじゃんね。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.