忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[784] [785] [786] [787] [788] [789] [790] [791] [792] [793] [794]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ほほぅ…シェーファーが『冬の旅』ね。
HMV掲載の紹介文によれば、女声による『冬の旅』はルートヴィヒ、ファスベンダー、プライス等に録音があるとのことだけれども、やはり、マイナーな感が拭えない。主人公が男性だからだろうか?もっとも、女声でリートを歌うとなるとシューマンの『女の愛と生涯』あたりが一番メジャーなもので、リートまで歌える女性歌手は大抵この曲を録音しているほどである。全体的にリートのレパートリーは男声に有利であり、名盤と呼ばれる録音も男声のものが多いようである。イギリス歌曲にいたっては女声による録音が自分は一つも思い出せない(あるんだろか?)。とは言え、女声による歌曲集でも素晴らしいものは少なくなく、決して、「向いていない」のではないと思う。男声では得られない女声ならではの柔らかさや繊細な感情の機微があると思うのだ。

ただ、『冬の旅』となるとチャレンジ的なイメージが強い。
しかも、個人的には歌曲は年齢を経てから録音した方が、良いものがあるように思う。歌曲は技術よりも経験が活かされると思うのだ(って、シェーファーっておいくつでしたっけ?)。さて…どんなものなのやら…楽しみ。

話は最初に戻るけど、女声がマイナーか否かと言うより、リートと言うジャンルそのものがマイナーなような気がしてきたりして…。


fuyunotabi.jpg









拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.