忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[962] [963] [964] [965] [966] [967] [968] [970] [969] [934] [935]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


第九、第九、第九、第九、第九、第九、第九、第九、
第九、第九、第九、第九、第九、第九、第九、第九、
第九、第九、第九、第九、第九、第九、第九、第九、
第九、第九、第九、第九、第九、第九、第九、第九、
第九、第九、第九、第九、第九、第九、第九、第九!!

12月なのだ。年末なのだ。歓喜を叫ぶのだ!!
ってわけで、勢いでDVD購入(↓)。

ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125『合唱』
 バーンスタイン指揮バイエルン放送交響楽団(1989年12月25日)

これ、ベルリンの壁崩壊後初のクリスマスに、
ベルリンで催されたコンサートのライブ映像。
音源だけは、以前、ベルリンの壁の破片付きのCDでも出ていた。
まぁ、歴史的演奏会の部類だと思う。
オーケストラは元西ドイツのバイエルン放送響を中心に、
各国の以下のオーケストラからメンバーが参加している。

シュターツカペレ・ドレスデン(元東ドイツ)
ニューヨーク・フィル(アメリカ)
パリ管(フランス)
ロンドン響(イギリス)
キーロフ歌劇場管弦楽団(ロシア)

要するに、“そういう国”のオーケストラが一同に会し、
古い時代の終わりと新しい時代の始まりを祝ったってことだろな。
だから、合唱の部分でも「歓喜」を、
「自由」に変えて歌っちゃったりもしている。
もう、政治色たっぷり、てんこ盛り。

演奏後は、熱血漢バーンスタイン、コンマスと長い抱擁。
そして、客席にも抱き合って喜んでいる人がいたりする。
もちろん、演奏も熱いけど、外的要因だけで感動できるDVD。
滅茶苦茶、感情移入して楽しもう。

自由って素晴らしい!!

だけど、自分たちは当たり前のこととして、
自由を享受しているから、実はそのことについて、
そんなにピンとこない、と言うのが本音。

このDVDやクーベリック復帰コンサートのDVDを観ると、
それが実感として少しでも伝わってくる。
そして、それに感動するのだ。

 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.