忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[840] [841] [842] [843] [844] [845] [847] [846] [848] [849] [850]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今年はモーツァルト生誕250年であるばかりでなく、
ショスタコーヴィチ生誕100年の年だったりもする。
忘れかけていた…のは自分だけか…。

と言うわけで、久しぶりに行った石丸の店先のセールで、
ザンデルリンク&フランス国立管の交響曲第10番をゲット。
いかにもショスタコーヴィチと言うジャケットなのに、
何となくお洒落に見えてしまうのが、ナイーヴの良いところ(笑)。
良いジャケ&安かった(通常の半額以下かな?)のが購入理由。
もちろん、ザンデルリンク&ONFと言う奇妙な組み合わせにも惹かれたのだけれども。

さて、演奏の方は、ライヴで乗っていて白熱気味。
とは言え、さすがはONF、ボテーッと重たくなり過ぎない。
意味有りげに暗く重苦しくなる演奏が多い中では異色。
個人的には、ONFの音色は好きなので、◎。
暗いのより全然良い。

で、最後まで勢いに乗って、フィニッシュ。
観客のブラボーでCDは終わる。
久しぶりに買ったショスタコーヴィチだったけれども、
満足感は結構高い。もうちょっと聴き込んでみよう。

ところで、最近ONFのライヴ音源がナイーヴからよく出てくるけど、
実は、このオーケストラ、
以前はフランス国立放送管弦楽団と称していた放送局専属オーケストラなのだ。
だから、まぁ、ナイーヴとONFは、
オルフェオのバイエルン放送響と同じようなもの、
と考えて差し支えないんじゃないだろか?
今後も期待したい。
 
 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
せんくら。 | HOME |  ふほう。
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.