忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[759] [760] [761] [762] [763] [764] [765] [766] [767] [768] [769]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


いつも思うんだけれども、『魔笛』に出てくるパパゲーノって、不可解な人物だ。

職業は鳥刺しで、鳥に模した衣装で現れる。
鳥刺しと言うのは、笛で鳥を呼び寄せて、
寄ってきた鳥を捕まえて、それを売る、
と言う、猟師兼小鳥売りみたいなものらしい。
今日の解釈だと何となく密猟者っぽいけれども、
職業はまぁ、何となく理解したことにしてもいい。

問題はその衣装。
Q.なぜ、鳥に模した服を着ている?
A.仲間だと思って鳥が寄ってくるのだ!
…って、そんな馬鹿な…。
本当の意味は…何だろうか?

とは言え、『魔笛』の登場人物といえば、
日本の狩衣を着ていることになっているタミーノ、
怪しげな宗教団体の長であるザラストロ…。
まぁ、不思議な人物の織り成すワンダーランドが、『魔笛』の世界であって、何となく、それに惹かれてしまうのだけれどもね。

写真は、ウォルフガング・ブレンデル。
如何にもドイツ人らしい風貌が印象的なパパゲーノ。
豊かな声量で堂々と且つ滑稽に歌う。人の好さも良く出ているんじゃないかと思う。

 
w.brendel.jpg












拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.